SCソフト詳細 のバックアップ(No.4)


公式サイト

カードヒーロー スピードバトルカスタム 2009年7月29日(水)発売

概要

Nintendo DS用ソフト「高速カードバトル カードヒーローDS」のスピードルール部分のみをDSiウェアで配信。いくつかのカードが、主にスピードバトルでのバランス調整のため追加・削除・訂正されている。ストーリーは存在せず、バトルセンターやWi-Fi対戦のみ(本編との通信は不可)。

システム面での変更

  • サトル・ハルカが登場しない。パッケージや公式サイトトップなどにはマルヒゲヤ店長が起用されている。
  • マルヒゲヤではパックではなく、カード入りのウエハースを購入。スタートセットも存在。
  • Wi-Fi対戦でのレア度指定が廃止
  • Wi-Fi対戦では先攻を譲りあうことが可能 選択が合わない場合はコイントスで先攻を決める。
  • ドラフト戦時にはコイントスで先攻を決める 先攻がカード選択時の最初の選択権を持つが、バトル時には後攻になる 
  • フリーでの同一プレイヤーとの連戦時に、デッキの変更が可能になった。
  • フレンド対戦時にはハンデの設定が可能。
  • 最初に先攻のセットしたモンスターを、後攻が確認したあとにモンスターをセットできるようになっている。
  • モールの対戦相手が1キャラで複数のデッキを使用してくるようになっている。
  • 称号が戦い方に合わせて自動で変更されるようになった

新しく追加された機能

日替わりバトルルーム

ソフトに組み込まれた毎日異なるデッキとバトル可能。海や夏休みなど、季節などをモチーフにしたデッキも存在

ドラフトバトルルーム

バトル毎に、決められたカードの束から一枚ずつ交互にカードを選びデッキを決める(Wi-Fiでも選択可能)。

バトラーリスト

Wi-Fiでの対戦相手の戦歴を記録。「一番よく使うカード」や「とどめをさされたカード」「連勝記録」「ウエハースを食べた枚数」「パック運」「Wi-Fi対戦時間(平日・休日や、時間帯など)」「カードヒーロースピリッツ」「へいきん思考時間」「コイントス先攻率」など多様な項目が記録される。

その他変更点

  • まりこの名前がゆりこに変更(なぜ?)

ゲームの流れ (ネタバレ)

  • スタートパックを購入、マルヒゲヤ店長からチュートリアルを受ける
  • センターモールでランク分けされてる相手全員から、一定の勝数を獲得
  • 獲得すると次のランクの相手が追加されるので、また全員から一定の勝数を獲得で次のランクにの
  • ランクはE〜Aまで存在する。(Eが3人、D〜Bが2人、Aが1人)
  • Aランクの相手に勝つとランキングバトル開始

入手方法

以下のものが必要です。

  • インターネットに接続できるNintendo DSi
  • 800DSiポイント = 800円分のポイント