センターモール会話集/Sr.

2011-11-03 (木) 22:56:00

センターモール会話集/Jr.

あゆみ

4回目

●バトル前

あゆみ
「こんにちわ〜」
サトル
「こんにちわ〜」
あゆみ
「あ、この時間だと
 そろそろ『こんばんは』かな?」
サトル
「いや、ギリギリ
『こんにちは』じゃないですか?」
あゆみ
「わー
 どっちですかねー」

●バトル後

あゆみ
「趣味とかって
 きいちゃってもいいですか?」
サトル
「う〜ん…しいて言うなら
 サイクリングですかね〜
 あゆみさんは?」
あゆみ
「えっとあゆみは〜
 あ!すみません…
 私、家で自分のこと
 あゆみって呼んでるんです…
 やだ〜恥ずかしい〜
 サトルさんんとうちとけ過ぎちゃって
 地が出ちゃったみたいです〜
 あはは!」
サトル
「ははは」

バトル直前

サトル
「始めましょうか」
あゆみ
「よろしくお願いしまーす!」

勝利

●1回目勝利

サトル
「勝っちゃいました〜」
あゆみ
「わー!
 ピンチです〜」

●2回目勝利

サトル
「わーい!
 勝ったー!」
あゆみ
「えー!?
 悔し〜い!」

トレード

あゆみ
「あの、お願い
 きいてもらってもいいですか?
 私の(カード)と
 サトルさんの
 (カード)を
 交換して欲しいんですけど
 ダメでしょうか…」
サトル
「なるほど
 ちょっと待ってください。」

●トレードしない

あゆみ
「あ、いいんです!
 気にしないでください!」
サトル
「すみません・・・」

うずまさ

キサラギ

■1戦目開始

サトル「こんにちは」
キサラギ「ごきげんよう」
サトル「あ、その制服は・・・」
キサラギ「ふ・・・」
サトル「頭いいんですねー」
キサラギ「頭が良過ぎるのも困りものだよ・・・」
サトル「・・・・・・・・・」

■終了

キサラギ「小学生の頃、よく カンニングをしているのではないか
と、疑いをかけられてね・・・」
サトル「はあ」
キサラギ「僕より頭のいい生徒は いなかったから
カンニングをしたところで 正しい答が書けるわけもないのに・・・」
サトル「・・・・・・・・・」
キサラギ「僕は不幸だよ」
サトル「そうなんですか・・・」

■2戦目

キサラギ「やあ、ごきげんよう」
「君はいつも幸せそうでいいね」
サトル「・・・・・・・・・」

■終了後

キ「不幸なのは
頭が良過ぎること以外にもあってね・・・」
サ「・・・なんでしょうか」
キ「君は僕のこと
なんて ルックスに恵まれているんだ!
って思っているだろう?」
サ「え!?」
「あ、はい・・・」
キ「ところがだよ・・・ こんなにルックスに恵まれていても
たった一人の女性にすら 振り向いてもらうことが
できないのだよ・・・」
サ「はあ・・・」
キ「エリカ・・・・・・」
「いや 聞かなかったことにしておくれ」
サ「思いっきり 聞いてしまいましたけど・・・」

■3戦目

サ「こんにちは」
キ「やあ 君は過去、愛する人に
振り向いてもらえなかったことが あるかい?」
サ「僕、まだ中学2年生なんで
その辺のことはよく わからないんですけど・・・」
キ「君も経験すればわかるよ・・・
この苦しみが・・・」
「まあ君を見ている限りだと
いずれ必ず 経験することになると思うけど・・・」
サ「・・・・・・・・・」 

■終了

サ「いろいろつらそうですね」
キ「あぁ・・・なぜなんだ!」
「こんなに愛しているのに!」
「僕に何が欠けているというんだ!」
サ「欠けてるとかじゃなくて
彼女・・・他に好きな人でも いるんじゃないですか?」
キ「!!!」
「ま、まあいい・・・」
「そういうわけだから君
あまり落ち込まないでくれよ」
サ「え?」
キ「僕のようなルックスの持ち主でも
失恋することがあるほどだ」
「・・・だから君は落ち込むことないよ」
サ「それはどうも・・・」 

■4戦目

サ「こんにちは」
キ「はぁ・・・エリカ・・・」

(以下繰り返し)

■終了

キ「エリカ・・・ いつか僕のことを・・・」
サ「さようなら〜」

○開始

キサラギ「始めようか」
サトル「お願いしまーす!」

○1回目終了(勝ち)

キサラギ「君・・・なかなかやるじゃないか・・・
この僕を追いつめるなんて・・・」
サトル「それほどでも」

○1回目終了(負け)

○決勝戦

○終了直後(勝ち)

サトル「よしっ!」
キサラギ「今日はちょっと 疲れていたのだよ・・・」

○終了直後(負け)

○トレード

キサラギ「君にいい知らせがあるよ!」
「今なら僕の「(カード)」を 
特別に君の「(カード)」と
交換してあげることができるんだ」
サトル「トレードですね ちょっとお待ちください」

→承諾

キサラギ「どうだい?いい話だろう?」
サトル「どうしよう・・・」

⇒ハイ

キサラギ「君は幸せ者だね」
サトル「どうも・・・」 

⇒拒否(イイエ)

キサラギ「こんないい話を断るのかい!?」
サトル「今は別にいいかなーって・・・」

コトブキ

■1戦目

■2戦目

サトル「こんにちはー!!!!!」
コトブキ「ひさしぶりじゃの
元気にしとったか?」
サ「あ、ちゃんと僕のこと
覚えてたんですね?」
コ「ムカ」
サ「あ、すみません・・・」

■終了

コ「さて ホテルに戻るとするかの」
サ「え! ホテルに泊まってるんですか!?」
コ「なかなか快適なんじゃよ」
「3990円で泊まれる上 サウナまで付いとるのじゃ」
サ「カプセルホテルですか!」

■3戦目

サ「こんっにっちはー!!!!!」
コ「そんなに大きな声を出さんでも 聞こえとるわ!!!」
サ「あ、失礼しました・・・」
「なんか つい不安になっちゃうもんで」
コ「ムカ」

■終了

サ「今日もホテルに戻るんですか?」
コ「いや、今日はな 駅前のコミックカフェーに 泊まるのじゃ」
サ「コミックカフェに泊まる!?」
コ「DVDが観放題な上 シャワールームまであるのじゃ」
「替えの下着まで売っているのじゃぞ!」
サ「へ〜・・・」
コ「天国とはああいうところのことを 言うのかも知れんな」
サ「はあ・・・」 

■4戦目

サ「こ!ん!に!ち・・・」
コ「だから聞こえとるわ!!!」

■終了

コ「さてと 今日もホテルに戻るかの」
サ「おやすみなさ〜い」

(以下繰り返し)

○開始

コ「自然の力は偉大じゃよ
今からその力を見せてやろう」
サ「自然系デッキですね?」

○1回目終了(勝ち)

コ「自然を怒らせると
恐ろしいことになるぞ!」
サ「自然は怖いですね」

○1回目終了(負け)

○決勝戦

○終了直後

コ「年寄りはいたわって欲しいのう・・・」
サ「ただの年寄りじゃないんでしたよね?」

○トレード

コ「そうじゃ
おぬしに山の幸を
おすそわけしてやってもよいぞ!
ワシの「カード」と
おぬしの「カード」を
交換してやろう」
サ「交換ですか
ちょっと待ってください」

→承諾

コ「どうじゃ? とれたてじゃぞ?」
サ「う〜ん・・・」

→ハイ

コ「素直でよろしいのう」
サ「ありがたくちょうだいいたします。」 

→拒否

コ「素直じゃないのう・・・」
サ「また今度いただきます。」

ナリミヤ

1回目

●バトル前

ナリミヤ
「あんら〜
本田はんとこの
おぼっちゃんやんか〜
まいどおおきに〜」
サトル
「へ?」
ナリミヤ
「おっちゃんに
よ〜似てきはったな〜
大きなったらオットコ前なるわ〜
若い女の子ばっかりと
デートしとらんと
おばちゃんも誘て〜」
サトル
「あの、僕、違いますけど…」
ナリミヤ
「本田はんとこの
ミツグくんやんなあ?」
サトル
「違います…」
ナリミヤ
「なんや
人違いかいな…」

バトル直前

ナリミヤ
「ほな、お手やわらかに〜」
サトル
「手加減しませんよ!」

ハヤミ

1回目

●バトル前

ハヤミ
「こわっ!」
サトル
「え!?
な、何か怖かったですか!?」
ハヤミ
「『こんにちは』を
高速で言ったのだ。
聞き取れなかったかい?」
サトル
「ちょっと無理でした…」
ハヤミ
「俺の名前は速見駿。
この世で最も速い男だ。」
サトル
「えー
それは言い過ぎでしょー」
ハヤミ
「嘘ではない!」
サトル
「50m何秒で走れますか?」
ハヤミ
「7秒2だ。」
サトル
(微妙…)

バトル直前

ハヤミ
「さぞっ!」
サトル
「『さっそく始めるぞ!』ですか?」

パン太くん

■1戦目

サトル「あ パンダだ」
パン太くん「ふごふご」
サ「着ぐるみか? ホンモノか?」
パ「ふご」
サ「ホンモノか・・・そりゃすごい」
サ「でもどっちでもいいや 俺、別にパンダ好きじゃないし」
パ「・・・・・・・・・」
サ「な、なんだ・・・?」
「目で語りかけてきてる・・・」
「お・・・ぼ・・・え・・・と・・・け・・・?」
パ「ふごーっ!」
サ「呪ったりするなよ!?」

■終了

パ「ばふばふ」
サ「「お友達になってください」かー どうしようかなー」
パ「勝手なことばっかり 言いやがって・・・!」
サ「しゃべった!!!」
パ「あ、ば、ばうーばうー」
サ「んなわけないか・・・ 気のせいだよな・・・」
パ「ばうっ!ばうっ!」(首肯)

■2戦目

サ「よっ!パンダ! 元気か!?」
パ「ばうばう」
サ「パンダってさー」
「一見かわいいけど よく見ると目とか怖いよなー」
パ「ばうー」
サ「はははっ! こえー」
パ「ばうー」
サ「ははははは!」

■終了

「ばふばふ」
「え? なになに?」
「今度遊園地でショーやるから 観に来い?」」
へー! なんか芸とかするの?」
「ふごふご」
「え・・・ 立ってるだけ!?」
それでチヤホヤされるなんて うらやましいなぁ」
「オイ! お前なー」
これ、けっこう暑いんだぞ!」
「え!? 今しゃべった!?」
「ば・・・ばうーばうー」

○開始

パ「ふっふごふごふごっごふごふ」
サ「「笹ってうまいなー」 って言ってるのかな?」

○1回目終了後(勝ち)

パ「ごふ!ごふっごふっ!」
サ「「笹もっと食わせろ」 って言ってるのかな?」

○勝利

パ「ばう・・・」
サ「「負けた・・・笹食って寝よう」 って言ってるのかな?」

○トレード

パ「ばふばふばばばふ ばふばふぼーぼー」
サ「え、交換?」
「俺の「カード」と お前の「カード」を
トレードしろだって?」
「どうしようかなー」

→拒否

パ「・・・・・・・・・」
サ「目が怖いよ」

ふさこ

モンドリ

4回目

●バトル前

モンドリ
「こんにちは…」
サトル
「あの…
 カルテ見つかりました?
 病気の真実
 わかりましたか?」
モンドリ
「………」
サトル
「………………」
モンドリ
「………………………」
サトル
「と…
 とりあえずバトルしましょっか!」

●バトル後

モンドリ
「見ちゃいました…」
サトル
「何を…」
モンドリ
「見ちゃったんです…
 ○がついているのを…」
サトル
「………マル?」
モンドリ
「普通・ヤバイ・かなりヤバイ
 ってあって
 かなりヤバイのところに
 ○がついてたんです…」
サトル
「え!?
 かなりヤバイんですか!?」
 何が!?」
モンドリ
「虫歯です…  
 C3までいってるらしいです…」

バトル直前

モンドリ
「始めま…ごほごほっ」
サトル
「だ、大丈夫ですか!?」

勝利

●2回目勝利

サトル
「勝っちゃいました…
 すみません…」
モンドリ
「いいんです…
 怪我や病気に比べれば
 心の傷なんて…」
サトル
「心の傷…」

敗北

●1回目敗北

モンドリ
「か…勝つ…
 痛い!!!痛い痛い痛い!!!」
サトル
「た、大変そうですね…」

決勝

モンドリ
「もし、この試合に勝ったら
 僕…いや…なんでもないです…」
サトル
「………」

トレード

モンドリ
「あの・・・僕の持ってる
 (カード)と
 あなたの(カード)とを
 交換してくれませんか?
 病室でながめたいんです…」
サトル
「え?
 病室で…」

●トレードしない

モンドリ
「もう…
 終わりだ…」
サトル
「そ…そんな…
 すみません…」

ワリオロス

■1戦目

■終了後

■2戦目

■終了後

ワリオロス「あのー・・・サトルさん」
サトル「はい」
ワリオロス「今度、僕の試合を観に来ていただけないでしょうか・・・」
「僕が試合中どんなだったか 教えてほしいんです・・・」 
サトル「なるほど、いいですよ」
ワリオロス「一番前の席で観ててくださいね」
サトル「え・・・」

■3戦目開始

サ「こんにちは〜」 
ワ「こんにちは っていうかサトルさん!」 
「なんで試合観に来て くださらなかったんですか!?」 
サ「すみません・・・」 
ワ「お願いしますよ〜」 

■終了

ワ「も〜」
「サトルさんが 観にきてくださらないから
あの時僕がどんなだったか 結局きけないじゃないですか〜」
サ「あの時というのは?」
ワ「どうやら僕、今度は
リングアナウンサーに 何かしたらしいんですよ・・・」
サ「!」
ワ「気がついたら 僕が蝶ネクタイをしていて・・・」
「いったい何があったんだろう・・・」

■4戦目開始

サ「こんにちは〜」
ワ「はあ・・・」
「また試合中の記憶が ないんです・・・」
「今度は気がついたら ゴングをかぶってました・・・」

■終了

ワ「どうして試合中に記憶が なくなってしまうんでしょうか・・・」
サ「催眠術かけてあげましょうか」
ワ「え?」
サ「たぶん記憶 失わなくなりますよ」
ワ「ほんとですか!? お・・・お願いします!!」
サ「じゃ、いきますよ・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ワ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
サ「えいっ!」
ワ「マジっすかー?」
サ「どうだったかきかせてくださいね」

○開始

サ「始めましょう!」
ワ「ひぃっ! は・・・はいっ!」

○1回目終了(勝ち)

ワ「気持ちが弱いから 負けてしまうんでしょうか・・・」
サ「関係無いですよー 2回戦始めましょう!」

○1回目終了(負け)

サ「ぬぬっ・・・」
ワ「すみません・・・ 僕なんかが勝っちゃって・・・」

○決勝戦

サ「1勝1敗! 決勝戦ですね」
ワ「全く勝てる気がしないっす・・・」

○勝利

サ「勝ったーーーーー!!!!!」
ワ「ひぃぃぃいっっっっっ!!!」

○負け

サ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ワ「ほんとすみません・・・ きっと何かの間違いです・・・」

○トレード

ワ「あの・・・ あつかましいお願いなんですけど」
「よかったら 僕の「(カード)」と
サトルさんの「(カード)」を 交換してもらえないでしょうか・・・」
サ「おっ、ちょっと待ってくださいね

→承諾

ワ「無理にとは言いませんので・・・」
サ「どうしよう・・・」

⇒ハイ

ワ「ありがとうございます! 大切にします!」
サ「こちらこそ ありがとうございます!」

→拒否

ワ「ですよね・・・ 僕なんかが欲を出したから・・・」
サ「そ、そんな・・・」