センターモール会話集/Jr.

2011-11-03 (木) 23:10:51

エリカ

カルロ

〇トレード
カ「がんばったご褒美に
先生の「カード」とあんたの「カード」を
トレードしてあげるわ」
サ「トレードですか
少々お待ちを…」
→拒否
カ「なんなのアンタ!」
サ「ごめんなさい…」
〇3戦目
〇終了
カ「アンタまずは
地区大会優勝目指しなさい!」
「練習ならその辺で
いくらでもできるでしょ!?」
「駅前のロータリーで踊りなさいよ!
ラジカセ持参よ!」
サ「俺が、あの輪に入るのかー…
大丈夫かなぁ…」

かんすけ

2回目

●バトル前

サトル
「こんにちは」
かんすけ
「この子ですか〜
 この子はですネ〜
 ぴーちゃんというんですネ〜
 オスのヒヨドリ2歳なんですネ〜
 かわいいですよネ〜」
サトル
「………」
かんすけ
「ぴーちゃん
 ちょっとですネ〜
 後頭部のあたりですネ〜
 毛がむしられてるんですネ〜
 これはですネ〜
 ちょっと私がなっちゃんから
 目を離してしまったから
 なんですネ〜」
「ガルルルル」

●バトル後

かんすけ
「映画の話ですけれどもネ〜
 どんなストーリーにするか
 私ひらめいちゃったんですネ〜」
サトル
「へー
 どんなんですか」
かんすけ
「それはですネ〜
 なっちゃんとぴーちゃんの
 友情物語なんですネ〜
 かわいいですネ〜」
サトル
「(無理だと思う・・・)」

バトル直前

かんすけ
「始めましょうかネ〜」
サトル
「ネコ
 置いとかなくていいんですか?」

勝利

●1回目勝利

かんすけ
「キバが手に食い込んで
 集中できなかったんですネ〜」
サトル
「始まる前から
 ずっと食い込んでましたけどね」

●2回目勝利

サトル
「よしっ」
かんすけ
「帰ってごはんにしましょうかネ〜」

トレード

かんすけ
「なっちゃんから
 お願いがあるそうなんですネ〜
 私のカードと
 あなたのカードを
 交換して欲しいということですよ〜」
「ガルル」
サトル
「………」

●トレードしない

かんすけ
「ちっ…」
サトル
「!」

ジョッキー

スギヤマ

2回目

●バトル前

スギヤマ
「やあ!」
サトル
「こんにちは」
スギヤマ
「なあ君…
最近のコマイ、なんだか
元気無い気がするんだ…」
サトル「ん…
あ〜…
でも、わりと
いつもそうなんじゃないんですか?」
スギヤマ
「まあ、たしかにそうだけど
ちょっと心配なんだよなぁ…
って言っててもしょうがない…
とりあえずバトル始めるか!」

バトル直前

スギヤマ
「始めようか」
サトル
「よろしくお願いします!」

先生

2回目

●バトル前

サトル
「こんにちは〜」
 先生
「君か
 宿題はやったのか?」
サトル
「先生、部費の件、どうですか?
 増やしてもらえそうですか?」
先生
「まぁ…
 ちょっと待ってくれ
 今、なんと言ってお願いするか
 考えているところだよ…」
サトル
「お願いします!」

●バトル後

先生
「ところで
 部費を増やして何に使うんだね」
サトル
「えっと・・・
 カードを買ったりだとか」
先生
「カードはバトルに勝ったポイントで
 買うんだろう?」
サトル
「あ、そっか」
先生
「おいおい」
サトル
「えーっと・・・
 あれが欲しいんですよ
 ちっちゃい冷蔵庫…」
先生
「君達まさか部室で
 ジュースを飲む気じゃないだろうな」
サトル
「違います!違います!
 今度ちゃんと理由を説明します!」

バトル直前

先生
「始めようか」
サトル
「先生だからって
 手加減しませんよ!」

勝利

●1回目勝利

先生
「うーむ…やはりまだ戦略が
 よくわからないなぁ…」
サトル
「へへっ」

決勝

先生
「いいか!?
 先生と生徒の勝負ではないぞ!」
マコト
「男と男の勝負ですよね!?」

敗北

●2回目敗北

先生
「始めたばかりの私の負けるとはな!
 もっと勉強したまえ」
サトル
「やばい・・・
 立ち直れないかも知れない・・・」

トレード

先生
「実は
 欲しいカードがあるのだよ・・・
 私の(カード)と
 その(カード)を交換してくれないか?」
サトル
「お!
 ちょっと待ってください」

●トレードしない

先生
「本当に、先生に対して
 気を使えないヤツだなぁ…」
サトル
「それとこれは別ですから」

ハルカ

ピエロ

1回目

●バトル前

サトル
「お!
ピエロだ!」
ピエロ
「あ、どうもこんにちはー
よろしくお願いしまーす」
サトル
「なんか普通だなぁ…」
ピエロ「こんなもんすよ
ああやっておどけてる人達に限って
プライベートは案外普通なんす」
サトル「夢をぶち壊さないでくださいよー」

バトル直前

サトル
「さっそく始めます?」
ピエロ
「サーカスのオープニングは
ピエロの技の見せ所ですよ!」

モーリー

やすし